家の模型

シンプルでモダンな家造りに定評がある国分建設の魅力

いつまでも住みやすい家を

模型と図面

大阪のような都会で理想の家を建てることはそれほど難しいことではありません。たしかに物価は地方に比べると高めになりますが、都会ならではのメリットもあります。まず、大阪のような都会には住宅展示場が多くあることです。家を購入するという大きな買い物はそれだけに不安もたくさんあります。ましてや自らの設計で家づくりをする注文住宅となるとなおさらのことです。住宅展示場では、ベテランのハウスメーカーの担当者が親切丁寧にノウハウなどを教えてくれますからとても安心です。そして住宅展示場では建築相談はもちろんのこと、資金相談や税金相談など家の購入に関するあらゆる相談会を随時に無料で開催しておりますので、こういったものも積極的に活用すればさらに良い家作りができることとなります。また、大阪のような都会ではどのハウスメーカーも施工実績が多いため、完成見学会も多く開催されます。実際に建てられた家を自分の目で見ることで自分の描く理想の家のイメージが具体的になってくることもあります。このように大阪のような都会では理想の家を建てる注文住宅をサポートしてくれるものが多くあるのです。

注文住宅で積極的に行ないたいことは設計段階で建築士に遠慮なくどんどん要望を出すことと言われています。それももちろん重要なのですが、意外に知られていないのが「コンセント」です。注文住宅ではキッチンや風呂などの水周りについては比較的重要視されて設計の段階でも活発に議論される傾向にありますが、コンセントについてはあまり重要視されていません。実はこれが意外に大きな落とし穴になります。冷蔵庫や洗濯機、テレビなど生活に不可欠な家電を設置する際にコンセントの数や位置はとても重要となります。せっかく良い家ができてもコンセントがない、あるいは、コンセントの位置が不便なため、テレビが置けない、パソコンができない、掃除機が動かせない、といった不便さを伴うこととなります。したがって、設計の段階で実際の生活スタイルを頭に思い浮かべつつ、コンセントの数と位置を図面に適切に落とし込んでいくことも、重要なポイントとなります。